原状回復工事のことなら原状回復なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2018-7-26

原状回復費用の計算方法を紹介!トラブルを起こさない基礎知識

原状回復費用の計算方法を紹介!トラブルを起こさない基礎知識

 

原状回復というものをご存知ですか?簡単に説明すると、住んでいた部屋を元の状態に戻すことです。基本的に住んでいた部屋を退去するときに行います。しかし、原状回復が必要ではないケースがあったり、部屋によって原状回復するべき場所が違ったりします。

 

また、原状回復の費用をだれが負担するのか?というトラブルも起こりやすいです。賃貸の部屋の場合は、借主負担と貸主負担のどちらかになります。負担者は契約内容や施工場所によって変わってくるでしょう。この記事では、原状回復にかかる費用や負担するべき人物の決め方などを紹介していきます。原状回復をめぐったトラブルが起こらないためにも、事前に読んでおくといいでしょう。

 

 

原状回復にかかる費用を計算しよう!

原状回復にかかった費用は基本的に敷金から差し引かれます。敷金とは部屋を借りている借主が、部屋を貸している貸主に対して預けておくお金です。なにかが起きてしまったときのための保証金と考えるといいでしょう。原状回復費は以前に積み立てていた敷金から差し引かれることになるので、追加で費用が発生しないケースがほとんどです。

 

しかし、原状回復費用が敷金の金額を上回るという場合は、追加で必要になるので注意しましょう。逆に、原状回復費用が敷金を下回った場合は、退去時に残りの敷金は返ってきます。簡単に計算すると以下のような計算式になります。

 

「敷金」-「原状回復費用」=返ってくるお金

 

ここで気になるのが原状回復にかかる費用です。原状回復にかかる費用は、施工場所や依頼する業者によって異なります。よく原状回復の施工をされる場所について紹介します。

 

  • ☑クロスの張り替え
  • ☑フローリングの汚れ
  • ☑トイレや浴室などの水回り

 

主にこのようなもの施工場所あります、しかし、部屋の状態もよく次の入居者に不便がないと判断された場合は原状回復する必要はありません。原状回復が必要か必要でないかの判断は、貸主が部屋に直接確認をしにきます。貸主の判断によって原状回復の有無や施工場所は変わってくるでしょう。

 

また、原状回復を依頼する業者によっても費用は変動します。施工場所や依頼する業者が決まったら、同時に費用も明確にすることができます。業者は決める前に現地調査を依頼して、見積りを出してもらうと安心です。業者で設定価格はさまざまなので、複数の業者に見積り依頼をして比較するといいかもしれません。比較することで、いい条件の業者を見つけることができます。

 

原状回復の費用は貸主負担?借主負担?

原状回復の費用は貸主負担?借主負担?

 

原状回復をおこなうとなると、費用の負担者はだれになるかという問題が発生します。施工場所や汚れの原因によって負担者は変わるでしょう。貸主が負担するケースと借主が負担するケースをそれぞれ紹介していきます。

 

貸主が負担するケース

貸主は借主が気を付けていても抑えることのできない、自然的に起こってしまった場所の原状回復費用を負担します。主に以下のようなものがあります。

 

  • ∇日光によるフローリングや壁の日焼け
  • ∇家具の設置によるカーペットのへこみ
  • ∇ポスターの跡や画びょうの穴
  • ∇家電製品による電気や毛や黒ずみ
  • ∇エアコンの内部洗浄

 

借主が負担するケース

借主は不注意によって起こってしまった場所の原状回復費を負担します。主に以下のようなものはあります。

 

  • ∇子供やペットによる汚れやキズ
  • ∇飲食物をこぼした跡
  • ∇清掃を怠っていたことが原因の汚れ
  • ∇タバコのヤニ汚れや臭い

 

基本的にこのように費用の負担者の振りわけがされます。借主は基本的に部屋を汚さないようにすることが大切です。そうすることで原状回復をする箇所も減るので、費用も抑えることができます。

 

原状回復をめぐったトラブルを防ぐ方法

原状回復には費用が発生するので、トラブルも発生しやすいです。上記で紹介しましたが、基本的に借主の不注意で起きてしまった瑕疵は、借主の負担になります。一方、借主が気を付けていても起きてしまう瑕疵は、貸主の負担になります。このようなルールが一応決まっていますが、中には負担者の判別に納得がいかずトラブルになってしまうこともあるのです。

 

基本的に話し合いをして解決することがほとんどですが、話し合いだけでは決まらないケースもあるかもしれません。そんなときに使える対処法や、トラブルを防ぐためにできることを紹介していきます。

 

☑契約内容の確認

トラブルを防ぐためにできることは、契約内容を確認することです。賃貸住宅に入居する際には、契約を結びます。その契約書の中に原状回復をする際の解説も記載されているでしょう。契約書の内容を確認してみてください。契約書は記載されている内容に納得してサインするものです。契約を成立した以上、従うしかないので契約書の内容通りに対応しましょう。

 

☑国土交通省によるガイドライン

国土交通省がだしている原状回復のガイドラインがあります。原状回復費用の負担者をめぐるトラブルを防ぐために、負担者の妥当な決め方などが記載されています。国土交通省によるガイドラインを参考にして決めるのもいいかもしれません。どちらにも不平等はないので、同じ条件のうえで一般的にみた負担者を知ることができるでしょう。

 

負担者をめぐったトラブルを防いだり解決するために、契約書の確認や国土交通省のガイドラインを参考にするといいでしょう。

 

退去時に注意すること

退去時に注意すること

 

上記では金銭面でのトラブルがあるとお話しましたが、今回は退去をするときの注意点を紹介していきます。退去時にやっておくと親切なことや原状回復を抑えるためにできることがあるので、参考にしてみてください。

 

自分の荷物はすべて部屋から出す

自分で部屋に持ち込んだものは全て自分で処理しましょう。もう使わないからと放置する方もいますが。粗大ごみの回収費が請求されることもあります。きちんと自分の荷物は退去時に一緒に部屋から出しましょう。

 

掃除をする

次の入居者のためにも、部屋へのお礼の気持ちをこめて掃除をしましょう。掃除機をかけたり、雑巾で汚れを拭くことは簡単にできます。掃除をおこない気持ちのいい状態で退去しましょう。

 

また、貸主による原状回復をするべき場所のチェックが入る前に掃除しておくと、原状回復のチェックにひっかからない可能性があります。費用を抑えることもできるので、掃除をしておくといいでしょう。1番大切なのは日ごろから掃除をしておくことです。こまめにおこなうことで1回1回の掃除が楽になりますし、原状回復をおこなう必要もなくなります。

 

気持ちよく退去するために、上記の内容を実践してみてください。

 

まとめ

この記事では、原状回復にかかる費用の計算方法や費用の負担者について解説してきました。費用は施工場所や依頼する業者によって大きく変わってきます。また、依頼する業者によっても変わってくるでしょう。施工場所や依頼する業者を決めることで、費用を明確にすることができます。

 

費用をだれが負担するかというトラブルも多く発生しています。基本的に借主の不注意で起きたものは借主負担、借主が気を付けていても抑えることのできないものは貸主の負担になるでしょう。しかし、中には納得のいかない場合もあります。その際はまずきちんと話し合いをしましょう。契約書の内容を確認したり、国土交通省がだしているガイドラインを参考にするのもいいかもしれません。

 

気持ちよく退去するためにトラブルも防いで、キレイなお部屋にしてから退去しましょう。

 

バックナンバー

このページのトップに戻る