原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2017-8-28

分譲住宅では原状回復の線引きを特にしっかり!

分譲マンションを買った住人が転勤などで住まなくなった家を貸している「分譲賃貸」。もとが分譲の物件なので構造もしっかりしていて設備も高級なものが多く、同じ家賃の賃貸物件に比べたら非常にハイグレードな印象の部屋がほとんどでしょう。
そんな魅力的な分譲賃貸ですが、貸主との契約の他にマンション自体の規約もあるので、原状回復をする際にトラブルが起きることも。まずは入居時にどこまでご自身で回復する必要があるか、どの設備についてはどこが対応するかなど細かく確認をしておかないと、責任を誰が負うかでトラブルが起こりやすくなってしまいます。
物件によっては貸主が独自に取り付けた設備や、リフォームを行っている場所があることも。そのようなものについては事前に説明をしてもらっておくとマンションの管理会社などとのトラブルを避けることができます。
入居時に確認した内容に基づいて原状回復の必要のある項目をピックアップし的確に業者に依頼をすることで、余計な費用を負担せず貸主にも喜んでもらえる状態で引き渡すことができるはず。
床や壁紙など範囲の広い修復が必要になる場合などは特に素人では対応が難しいですし、そのまま引き渡してしまうと高額な請求をされる可能性もあるので、ぜひ原状回復のプロに相談を。

バックナンバー

このページのトップに戻る