原状回復工事のことなら原状回復なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2017-6-20

喫煙による汚れの回復

喫煙者の方は日常的に部屋でタバコを吸うと思います。
賃貸物件の場合、退去時に借りた時の状態まで原状回復をする必要があります。壁や床に汚れや傷をつけてしまった場合原状回復をするための費用も上がってしまいます。
部屋の中でタバコを吸い続けた場合壁や天井に黄ばみが付いてしまいます。さらに、黄ばみだけではなくタバコは匂いも付いてしまいます。 これは喫煙者本人には分かりづらいでしょうがタバコを吸わない人にとってはとても不快なものです。
部屋でタバコを吸わなくても長年入居していれば壁や天井、フローリングは徐々に劣化していきます。そのため一般的には、経年劣化、減価償却を考慮した上での原状回復費用を求められます。しかし通常を超えた使用による消耗は借主の負担となってしまいます。
喫煙によって壁や天井、設備機器に汚れやにおいがついた場合、クリーニングか天井、壁のクロス張り替えを行う場合があります。
匂いや汚れがひどい場合、全室壁紙天井を張り替えることもあり、とても高額な費用が掛かります。
定期的に壁や天井の清掃を行ったり、室内でタバコを吸わないようにすれば原状回復の費用を抑えられるかもしれませんが、かなり面倒な作業でもあります。
室内で喫煙をされている場合、一度原状回復のプロに相談してみることでできるだけ少ない負担で原状回復を行えるかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

バックナンバー

このページのトップに戻る