原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2017-5-24

原状回復トラブル事例

賃貸オフィスや賃貸アパートなど、基本的に借りている物件は契約にもよりますが入居当時の状態に戻さなければなりません。
これを現状回復といいますが、しっかり契約内容を把握していないと思わぬトラブルを招くことになりかねないので注意が必要です。
どこからどこまで回復しなければならないのか、この場合は回復の必要がない、などを把握していないとDIYなどのリフォームでどこまでしていいのかわからず納得のゆく部屋作りがしにくいのではないでしょうか。
トラブルの事例として多い傾向にあるのが、自然に変化した部分を修理するかどうかという問題です。建物は自然に劣化してくるものであり、過ごしていくうちにどうしても損耗することは避けられません。
故意に傷をつけたり借り主に責任がある場合は借り主が負担して原状回復する可能性が高いですが、自然に劣化したものかどうかの判断が難しい場合もありトラブルを招く原因の一つです。
原状回復のお悩みは、自分だけでは解決が難しいので是非当サイトへのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

バックナンバー

このページのトップに戻る