原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2016-7-8

原状回復を理解して気持ち良く退去しましょう

引越しを行う際に付いてくるのが、「原状回復」という作業です。原状回復を簡単に説明しますと、賃貸人が生活していたお部屋を入居時の状態に回復させることを言います。住んでいた賃貸物件の年数によって汚れ具合や、傷み具合などが変わってくると思いますが賃貸人はどこまで対応する必要があるのでしょうか。
一般的には、賃貸人が故意や過失によって借りていたお部屋を汚してしまった場合は修繕費を払わなければなりません。例えば、コーヒーなどの色の濃い飲み物をこぼしてしまい壁にシミが付いてしまった場合や、誤ってライターなどの火によって床を焦がしてしまった場合などは故意でなくても賃貸人の過失になりますので、修繕する必要があります。
しかし、日差しによってお部屋の畳が色あせた場合や、経年劣化によって突然ガラスが割れた場合などは住宅の「劣化」によって起こった現象になるため、家主が修繕費を負担することになります。
原状回復は誰がどこまで修繕費用を払うか、トラブルが起こりやすいです。退去時には誰しもが穏便に退去したいものですが、思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。原状回復についてお悩みの際には、業者に相談して詳しいアドバイスを受けるのも良い手段ですよ。

バックナンバー

このページのトップに戻る