原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2016-6-9

納得のいく原状回復を行うには?

原状回復を行う際は、誰しもが不明瞭な内容で多くの敷金を出費させてしまうような事を避けたいと考えるのではないでしょうか。しかしどうしていいかわからず、管理者側に任せきりとなってしまい納得のいかない退居を経験している方もいらっしゃるかと思われます。そこで自身が納得することのできる原状回復を行うには、入居前に原状回復に纏わる契約内容をしっかりと見ておく必要があります。住居側が不利となる原状回復の契約になっていないかどうか確認する事は非常に大切であると言えます。そして入居中における注意点としましては、床や壁などに水などをこぼしてしまった際、「これくらいならいいかな」と思ってしまうと原状回復における金額がどんどん高くなってしまいます。原状回復とは「経年劣化」以外の「入居者による不注意、事故などで劣化してしまった場合には、元の状態へ回復させる義務がある」とされているのです。ちょっとした内容でも日々の積み重ねによって木材が腐敗してしまったりしないよう心掛けて生活する必要があるでしょう。そして最後に退居時の有効的な対策としては、「管理側にどこまで原状回復が必要か、詳細内容を確認しておく事」です。そこで納得のいかない費用を言い渡されてしまった場合は、理由をしっかり聞いた上で自分から原状回復サービスを行っている業者の方に連絡し、個人で解決してしまう方法もあります。この方法であればどんな内容でどれだけの金額が必要なのかを明確に把握する事が可能となりますので、結果についても満足する事のできる可能性が高くなります。

バックナンバー

このページのトップに戻る