原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2016-4-15

原状回復トラブルを防ごう

原状回復を行うことは義務であり、賃貸人か賃借人が必要であれば原状回復工事を行わなければなりません。しかし、原状回復をどちらが行うかでトラブルが多発していて、ガイドラインが制定されるまでの事態になっているそうです。トラブルの原因は、お互いに意見があり、払う必要が自分にはないという主張が各々にある、というのが多いそうです。ですから、賃借人は、退居時にトラブルにならぬよう、前もって契約書をよく理解しておく必要があり、契約書を流し読みしたり、そもそも読まないといった人は、トラブルになる恐れがありますので、ご注意ください。契約書や関連の書類などはすべて保存しておき、口頭での確認のみではなく、きちんと書面での確認を行いましょう。そういったものがあると、後々トラブルになりづらく、仮になった場合はその書面をもとに、原状回復工事を行えば、お互い納得できる形になると思います。しかし、いくら書面を保管していてもなかなか難しい内容であることもあり、あまり知識がない人だと困ってしまうかもしれません。そうしたときは、原状回復工事の業者を利用してみてはいかがでしょうか。業者にもよりますが、保管していた書類を渡し、きちんとした説明を行えば、あまり手間はかからないと思います。これから退去を考えていて、原状回復にお悩みの方は、一度ご検討ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る