原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2016-1-29

新しい住居を借りる際の注意点

新春を間近に控えて、新しい生活のために新居探しを今から進めている方も多くなってきました。たいていの場合は賃貸住宅の借り入れになると思いますが、新居を借りるうえで重要な事が二点あります。まず一点目としましては部屋を借りる際に契約を結ぶと思いますが、その契約書をきちんと読むことになります。借りたものは返さなければなりません。住居も同様であり、綺麗な状態で返却する必要が生じます。借り入れの契約の際に、この返却時の状況について加筆されているケースがありますのでしっかりと確認をしておきましょう。基本的に住居を返却する際に原状回復という行程をこなす必要があり、一般的には経年の劣化について免除されております。しかしこの経年による劣化に対しての原状回復について、特約として借り入れの契約書に明記している場合があります。この文書にサインをして借りたためにトラブルが多々起きてしまうので、住居を借りる際に原状回復の項目をきちんと読んでおくと良いでしょう。借り入れに確認する二点目の項目としましては、借りた状態の写真をきちんと撮って保管しておくことになります。では実際にどの程度まで原状回復をすれば良いのか分からない方のために、きちんと日付の入った部屋の写真を残しておくことが望ましいです。大家さんにも同様に保管してもらえることができれば、お互いに気持ちよく退居ができるはずです。新しい新居も決まり、引っ越しを進めている方が次に考えるのが以前借りていた部屋の原状回復になると思います。前述の二項目をきちんと確認して必要な範囲だけ原状回復ができるといいですね。原状回復なびでは実際に原状回復をする業者を紹介しておりますので、ぜひお役立てください。

バックナンバー

このページのトップに戻る