原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2016-1-11

原状回復をめぐるトラブル

部屋の損耗等には入居者の責任で生じたのか、経年劣化で生じたものなのか判断のしづらい傷や劣化があります。例えば、壁紙を例にとるなら、壁紙に発生したカビが入居者の生活スタイルによって発生したのか(加湿器を長時間使うなど)それとも建物の構造上の問題なのか?テレビや冷蔵庫の後ろの黒ズミ(電気ヤケ)の跡は入居者の責任なのかそれとも普通の生活していたら当然つく汚れなのか?など、一般の人たちにはその部屋に生じた価値の低下を貸主、入居者のどちらが負担するべきものなのか判断しづらいものがたくさんあります。このため、少しでも修繕費用をもらいたい貸主と修繕費用の負担はできるだけ少なく収めたい入居者の間でトラブルが生じることになるのです。 また、退去時にトラブルが発生しやすい原因の一つに貸主と入居者の補修に対する意識の違いがあります。簡単に言うと、貸主は部屋を商品として考えていますので、次の入居者を募集する為に見栄え良く、借りてもらいやすくする必要があります。具体的にいうなら、壁紙を張り替えたり、清掃や消毒作業を行うなどです。これに対して入居者は、借りていた部屋は自分の生活の場であり、退去した後は関係がなくなりますので、入居者としては自分が付けた傷については修繕の必要性は納得しますが、貸主としては、部屋の商品価値を維持する為に入居者が付けた傷に関係する範囲まで修繕してもらわなければ納得しないといった意識のギャップが生じます。このように、原状回復をめぐるトラブルは色々と考えられますので、一度「原状回復なび」にご相談ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る