原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-12-16

原状回復の有用性

原状回復工事とは、簡単にいえば、テナントを退去するときに入居時の状態に戻して返却するということです。多くの場合、店舗や事務所等の賃貸借契約で、契約終了後の退去時に原状回復義務が課せられているので、借主が自己都合で設置した造作や設備機器などを取り除く必要が生じます。例えば、店舗であれば、内部造作の撤去から床・壁・天井などの修繕、看板などの撤去等で、事務所であれば、クロスや床の張り替え、パーティションなどの撤去、塗装、室内クリーニングなどの修繕等があり、それぞれ水道、電気、ガス、電話回線などの設備工事も含みます。つまり、原状回復というのは、店舗や事務所として借りたものを、退去する際に「借りたときの状態」に戻すことなので、内装解体と修繕することを意味し、スケルトン(内部の造作等が無い状態)とは意味がことなります。ただし、通常は、原状回復=スケルトン戻し(借りたときの状態がスケルトン)であるケースも多く、その場合は内装解体工事、スケルトン工事、廃棄物処理などの工事が原状回復工事に含まれる形になります。また原状回復するには、賃貸借契約の内容確認や現地調査をもとに、解体の範囲、建物付帯物の撤去、廃棄処理方法の検討、修復工事の仕方など、貸主側と原状回復の内容を確認する必要もあり、賃貸借契約の内容確認や現地調査をもとに、造作物の解体や撤去、廃棄処理方法、修復工事の方法など、様々な事柄を検討しなければなりません。無駄なコストを削減するためにも、当サイトの「原状回復なび」一括見積サービスをお役立てください。中立の立場から、適切と思われる業者をご紹介させていただきます。

バックナンバー

このページのトップに戻る