原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-11-26

原状回復のガイドラインをご存知ですか?

あなたが今住まわれているお家が一軒家だったらあまり考えない問題かも知れませんが、もし賃貸住宅だったら、「原状回復」という聞いたり、引越しの話しをする時に頭をかすめたりしたことがありかもしれません。原状回復とは、簡単に言ってしまうと、賃貸住宅に住んでいる方が部屋を住む前の状態に近い形にして借り主に返すということです。 これらの線引についてはあいまいな部分もあり、非常に難しいので、国土交通省が発行した原状回復をめぐるガイドラインにも原状回復の定義について記載されています。そこでは通常の使用によって損なわれてしまった範囲に関しては原状回復をする義務は無いとされています。しかし、そこもどこまでを「通常の範囲」と定義するのかによって借り主と貸主の間で相違があってはいけないので、賃貸契約時にしっかりと確認しておくことが大切です。 しかし、大抵の場合には普通に暮らしていても定義によって定められている「通常の使用」以上に損なわれてしまうことが多くあります。そのため、結果として原状回復する必要性が出てきてしまう場合が多くあるようです。 また、原状回復の必要性が無くても「長くお世話になった家だからキレイな状態にして返したい」と原状回復をするという方もいらっしゃるようです。このように原状回復をするにしてもさまざまな理由で原状回復を刷る方がいます。もし、原状回復をしようと考えていらっしゃる場合はぜひ原状回復なびにご連絡ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る