原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-9-9

テナントの原状回復

原状回復とは、退去時に賃貸した当初の状態で返還することを言い、賃貸住宅で引越しの経験がある人にとっては馴染みがあることかもしれません。しかし、賃貸物件は住居ばかりではありません。いわゆる「テナント」も賃貸物件で、何かお店を始めたいという人が賃貸するものですが、このテナントにも原状回復の義務があります。テナント物件は、どのような業種の店舗や事務所でも入りやすいように、最低限の状態=空っぽの状態で賃貸されるケースが多いです。そのため、賃貸した事業主は、自身のお店の雰囲気に合うように床・壁・天井などの内装を新設したり、看板や装飾を加えたり、パーテーションで仕切りを追加したり、必要な設備を設けたりする訳ですが、退去時の原状回復の際は、もちろんこれらのもの全て撤去する必要があります。賃貸住宅とテナントでの大きな違いは、後者の場合「廃棄物」が発生するということです。賃貸住宅は過失で壊したものを修繕するというのが主ですが、テナントの場合は新設と撤去がセットになっているということです。廃棄物の中にはリサイクルに回せるもの、産業廃棄物として手続きを経て処分しなければならないもの、と様々ですので単純ではありません。ですから、テナントの原状回復の際は、最初から原状回復業者に依頼するのが賢明です。原状回復業者を探すなら、当サイト「原状回復なび」をご利用ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る