原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-8-12

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

賃貸物件の撤去を行なう際には、貸主と借主の間にトラブルが起こる可能性があります。その中でも原状回復や敷金の返金についてのトラブルが多いようです。このような現状を改善する為、国道交通相より「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が出されました。 これには、原状回復の定義や、貸主・借主それぞれが普段しなければならない費用についての考え方がまとめられています。 原状回復をめぐるトラブルとガイドラインには法的強制力がある訳ではないですが、様々な状況での判断基準となりますので、知っておいて損は無いと思います。 原状回復をめぐるトラブルとガイドラインはインターネットなどで簡単に調べることが出来ますし、わかりやすく解説しているサイトも沢山存在するので、時間がある時に目を通しておくことをおすすめします。 話が少し変わりますが、原状回復を行なう時には、きちんと修繕しなければなりません。なので、費用がもったいないからといって自分で行った結果原状回復とは認められないという事もあるようです。 なので、原状回復が必要な時には、業者に依頼する事をおすすめします。 業者はお金をもらって作業するわけですから、責任をもって綺麗に仕上げてくれる事でしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る