原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-1-30

敷金と原状回復に関するご相談も頂いております

住居を賃貸借契約する場合、敷金が徴収されます。 そして、賃貸借契約などで部屋を賃貸し退去する場合は、賃借人は賃貸した部屋の原状回復義務を負うことになります。 賃貸借して暮らした際に、賃借人の故意または過失によって部屋を損壊したり、汚したりした場合は、部屋を借りた当時の状態に改修して、貸主に返す必要があります。 このことを、原状回復義務と言います。 原状回復義務の清算方法として敷金が利用されるということで、敷金と原状回復の関係が生じます。 敷金と原状回復の関係で、原状回復の為の修繕費が敷金の額よりも大きい場合は、貸主から敷金は返却されないことになります。 逆に、敷金よりも原状回復義務の費用が少なければ、敷金の一部が貸主から返却されることになります。 したがって、原状回復の為の修繕費用を安価に出来れば、敷金は返却されることになります。 敷金と原状回復義務の関係には、誠実で丁寧、しかも安価で工期が早い修繕業者を選ぶ必要があります。 原状回復ナビでは、顧客ニーズをしっかり捕らえて、適切な解決策を提供できる業者を選定できるように借主様をサポートしますので、安心して、ご不安な点をご相談ください。 お客様が納得できる解決策を提供します。

バックナンバー

このページのトップに戻る