原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-1-14

事業用賃貸の原状回復

原状回復という言葉は現在広く浸透しているので、その内容についても ご存知の方は多いでしょう。 しかし、住宅用の賃貸と事業用賃貸で、原状回復の程度に大きな違いがあるのはご存知ですか? 簡単に言うと住宅用の賃貸は消費者保護という観点から賃貸人が守られる立場にあります。 通常使用による経年劣化が賃貸人の原状回復に含まれないなどもその一例です。 しかし、店舗などの事業用賃貸の場合、双方が事業主なのでお互いが対等の立場と判断されます。 また、店舗の利用目的により内装工事に大きな差があることから、住宅用賃貸に比べ原状回復費用が多くかかる傾向にあります。 事業をされている方は、そういった知識も知っておくと後々慌てずにすみますね。

バックナンバー

このページのトップに戻る