原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-12-26

タバコを吸っていた部屋の原状回復

原状回復というのは部屋を退去する時に、入居した時と同じ状態に戻すことを言います。 賃貸物件を扱う業界では広く浸透している言葉なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。 原状回復は業者が行いますが、仮にそこに住んでいた人がたばこを吸っていた場合、 思わぬ高額な費用になることがあります。 たばこを部屋で吸っていた場合、煙が充満して、それが蓄積することによって部屋の壁紙や天井が変色してしまいます。 こうなってしまった場合は全ての壁紙を取り替える必要が出てくるのです。 換気扇の下で吸っていたから大丈夫、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、臭いがついてしまっていると 部屋の脱臭も行わないといけません。たばこを吸っている人には分からない程度の臭いでも、吸わない人にとっては 気になるから脱臭を行なうという話もよく聞きます。 タバコを吸う人は、どこでどのように吸うかということを考える必要がありますね。

バックナンバー

このページのトップに戻る