原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-12-10

トラブルを防ぐために

賃貸の物件に住んだことのある方ならご存じの方も多いでしょうが、建物賃貸借契約では賃貸借契約終了後には賃借人は物件を 「現状に回復して」明け渡さなけれならないという規定があります。よくあるトラブルは、賃貸人がこの原状回復義務条項に基づいて 畳替え・クロス替え・鍵の交換費用等の原状回復費用として敷金から控除する精算を行おうとしたところ、 原状回復費用の対象となる範囲や金額を巡って賃貸人が争う、というものがよくあるパターンです。 このような時に有効に使えるものが入居当時の様子がわかる写真などです。 どの程度きれいだったか、どの程度汚れていたか、それらが如実にわかる物差しがあれば、必要以上に争うことを避けられるかもしれません。 入居した時からあったキズが気になったり汚れが目立つ場所があるとしたら、 のちのち分かるような形で保存しておくのもひとつの手段かもしれません。

バックナンバー

このページのトップに戻る