原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-4-7

原状回復費用トラブルの実例

近年、賃貸住宅の退去時における原状回復費用について、その範囲や負担をめぐって様々なトラブルが増加していますが、通常、普通に住んで普通に生活している範囲では、さほど原状回復費用が発生するようなこともないように思います。
そこで、よく問題になるものをいくつか例としてあげてみましょう。
例えば、室内で喫煙する場合、部屋の床や壁、天井にヤニや臭いがつきますが、これは普通に生活する範囲には含まれませんので、汚れの程度によってはクロスの張替え費用が要求されます。張替には数万円の費用がかかりますから、タバコを吸う方ははじめから気をつけた方がよいかもしれません。
また、ハウスクリーニングの費用に関しては、通常通りの掃除を行っておけば原状回復費用を請求されることはありません。また、鍵の交換費用に関しても、壊していない鍵を借主が費用を負担して交換する必要はなく、次の入居者が安心して住めるように交換するのは家主の責任となります。
また、その他に関しても、住んだ年数に比例して原状回復費用の負担割合は変わってきます。原状回復費用は、最終的には貸主の判断になりますから双方で確認し、できるだけキレイな状態で退去できるように心がけるとよいでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る