原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-5-21

原状回復費用の負担額

賃貸住宅を退去する際は、ふすまや、壁紙などを修復を行って、次に来る入居者の方が気持ちよく住める環境にする必要があるのです。この為に必要な原状回復費用の負担割合はどのようになっているのでしょうか。
国土交通省によるガイドラインによれば、普通に住んで、普通に生活している範囲で汚れたり、古くなってしまったものに関しては、もとに戻す必要はないとされています。
しかし、入居者がわざと破損をしていたケースでは原状回復費用として全額負担となってしまうケースもありますから注意がいります。
原状回復費用は部屋の広さ、または材質によって違いがでてきますが、目安の相場としては、壁やクロスの張り替えで、1㎡あたり1,000円前後、柱やフローリングの傷を穴埋めする修繕で、1カ所あたり4,000円前後、畳の交換で1枚当たり5,500円前後、部屋全体のクリーニングは2DKで40,000円前後となっています。
引越しするかどうかに関わらず、日頃から家を丁寧に使うよう心がけていれば、いざというとき貸主と揉めることなく、高額な原状回復費用の請求を受けたり、無駄な費用をかけることもありません。また、原状回復費用が発生しそうな場合には、引越しの段階などではなく、早めに貸主と相談するなど信頼関係を築いておくことも大切であるといえるでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る