原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-8-27

原状回復トラブルの解決につなげるために

借主による原状回復相談のお話です。賃貸マンションで数年間の生活を終え、いよいよ新しいマンションに移り住むこととなりました。ところが賃貸人から当てにしていた敷金が返らない上にいろいろな設備のリフォーム費用までも請求されてしまいました。
このような原状回復の相談に出合うことは珍しくありません。賃貸住宅に関するトラブルは年を増すごとに増える傾向で、消費者の権利に対する意識が高まっているのが感じられます。
さまざまなトラブルが起こる中、敷金返還と原状回復の相談はとても多く、少額控訴制度を利用する件数もかなりの割合を持っています。原状回復の明確な定めはなく、貸主と借主の意見の食い違いが起きた場合、どうしても借主の方が弱い立場となり、納得のいかない状況を強いられる結果になりがちです。
このような資金返還と原状回復の相談を巡っては、全体としての取り決めはなく、それぞれの状況で話し合っていくことになります。そのためにも沢山のいい判例を集め、情報を提供してもらえる事と敷金返還と原状回復のしっかりした知識を獲得することが大切です。
効率よく解決につなげるためには、ガイドラインや過去の判例を参考にしつつ、法的な面からもこれらのトラブルに関するデータを提供してくれて、原状回復相談のサイトを活用されるのもおススメです。

バックナンバー

このページのトップに戻る