原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-12-17

返金される敷金が減額にならないためには?

アパート・マンションにおいて賃貸契約をする際に、貸主に払う「敷金」というものがあります。敷金とは、家賃が滞納されたときや、原状回復義務によって必要な費用が発生した場合に備えて、部屋の借主が貸主に対してあらかじめ「預けておく」お金のことで、通常は退去をする際に返してもらえるものです。
しかし、必ずしも全額返金されるわけではなく、家賃の滞納がなくても、原状回復義務によってかかる費用があれば返金される敷金は減少します。
原状回復義務による費用に関して、いくら徴収がされるか予測が出来ず、退去をする際に借主を悩ませる問題の一つとなっています。原状回復義務の定義はあいまいな為むずかしいのですが、キッチンの油汚れや水回りの水垢などは、きちんと掃除しておくことで、敷金の返金の際にプラスとなることもあるようです。
汚れを掃除せずに放っておき、さらにひどい汚れとなった場合などには、原状回復義務として、回復にかかる費用を負担しなければならなくなる可能性があるので、日頃からこまめな掃除を心掛けましょう。
借りた建物内にある賃借人の荷物を全て持ち出し、ゴミを捨てて可能な限りの清掃を行うことは、退去時にできるだけ綺麗な状態でお返しする為にもとても大切なマナーであると言えます。

バックナンバー

このページのトップに戻る