原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-2-20

原状回復義務とは

原状回復義務は、建物において賃貸借の契約が終わり、建物を退去する際に、借り主がその建物を賃貸借契約をする前の状態に直す義務の事を指しています。
この原状回復義務には、借主がどこまで建物を原状を以前の状態にするかの義務を負うかについて様々な見解があり、敷金の清算問題があとを経ちません。
例えば、賃貸人から、原状回復義務として多額の費用を請求をされることで、敷金が返って来ないという事例が多々あります。
国民生活センターによれば「退去時に清掃・壁紙の張かえ・畳の張替え・ふすまの張かえなどの理由から高額の費用を求められ、敷金が返金されない」という苦情が多く寄せられているのです。こういった原状回復義務による敷金精算の問題は、特に10年ほど前から紛争が生じ、訴訟に至る事例が目立つようになってきました。
その為、国土交通省によってガイドラインが定められ、これにより借主及び貸主の費用負担の妥当とされる基本的な基準が記されています。ガイドラインの為、法律ではありませんが、裁判になった時には、この原状回復義務のガイドラインが大切になってきます。
その他、入居時には借主と貸主の双方で、室内の現況や消耗等などを記録に残して確認を徹底することがトラブルを防ぐことにつながります。

バックナンバー

このページのトップに戻る