原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-5-6

敷金の原状回復とペット

業者側からしてみれば、敷金の原状回復は、入居者が入居する前も元の状態に戻してもらう為に必ずいる事であると認識しているケースがほとんどです。
しかし、法律上において、とかく民法上では、このそういった事はないとまえでいわれる場合もあるのです。なので、敷金の原状回復を望んでも、業者側に有利に話が進んでしまうケースは多い事はありません。
しかし、ちゃんとした理由があれば、入居者に敷金の原状回復を望む事もできます。この判断はとても難しいものです。業者側としては、敷金の原状回復における問題が発生した場合、なるべく裁判沙汰にはしたくありません。
そのために、この敷金の原状回復におけるトラブル発生時は、借主本人との相談をしたいのですが、その場合に、代理人が出席されたりして、なかなか思うような交渉をできない事が多くあります。そしてペットと同居していた場合には、特に、傷一つ、ペットがつけたものかどうかもポイントとなるようです。
ペットを飼っていた主として、飼い主の義務をどこまで追及できるのかといった問題があります。つねに、業者側は損する事はしたくないのはもちろんですが、長引く交渉をするもの避けたいのが本心です。業者側にとっても、この問題は頭をかかえる問題です。

バックナンバー

このページのトップに戻る