原状回復工事・現状復帰のことなら原状回復なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7779

スタッフ待機中

24時間365日、原状回復工事のご相談を受付中!

0800-805-7779

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2014-8-17

原状回復の敷金返金トラブル

原状回復の為に敷金を費用にするオーナーが近年増加中です。そういったオーナーの人から敷金を全額返金させる為に交渉を入居者の変わりに代行するビジネスが今とても増加しているのです。
そんなひどい事を考えている管理会社というのは、オーナーが負担するはずの金額を入居をしている人にいくら負担させたのかで会貝に歩合給というのを渡すところがあります。原状回復をする時にちゃんと精算する管理会社は二割くらいとされています。入居をしている者からの原状回復の、敷金返金について、相談が急増し後を絶っていないのです。
その中でも今は若い入居者が増加している為、若い人からの依頼がほとんど占めています。若い入居者に向けた原状回復についてや敷金返還のアドバイスを行っている会社は、これまで約五千件の依頼を受け、八割のオーナーがそれぞれの方法で敷金の返還をしています。
それは、二月に国土交通省によって原状回復の新しいガイドラインが発表された事によりオーナーとの交渉は入居者からしたら圧倒的有利な立場となったのです。
貸主からすれば新ガイドラインになったとしてもそれは法律ではなく、必ず守る必要が無いという言い分もあるのですが、これも裁判になったケースは認められない言い分であるといった可能性が充分にありえるのです。

バックナンバー

このページのトップに戻る